「終わりを決めて仕事をする」。当たり前にやっているつもりだったけど…


「もっと段取りよく物事を進めたい!」って思ったことありませんか?


私はよくあるんですよね。


仕事に集中していたり、気分がのってくると、時間を忘れていつまでも仕事をしてしまうことがあるんです。


夕飯をつくることを後回しにしてやっちゃうから19時頃から「ご飯炊いてなかった!」「何を作ろう・・汗」なんてことも。



仕事だけじゃなく、趣味だったり、SNSの閲覧だったり……。


あっという間に時間が経って、予定通りに物事が進まないという経験を何度もしてます。


そのたびに、「私ってスケジュール管理ができないタイプなのかも…」って凹むことも。


半月前、こちらの書籍を読んで1つだけ実践していることがあります。

「仕事の速い人が絶対やらない段取りの仕方」 伊庭正康さん


それは「終わりの時間を決める」こと。


「そんなん当たり前やん!」って思っていたんですが、意外にこれができていない。


時間を決めていたはずが、ズルズル続けていたりするんですよね。



早い段階で「終わりの時間を設定する」ことで、その時間内に終わらせようと集中してやるからめちゃめちゃ効果的!


「当たり前にやっているつもりだった」。


結局、できていなかったなと。


他にもいろいろとやってみたいことが書いていたのですが、あれもこれも一気にはできないのでまずは 1つだけ。

「終わりの時間を設定する」


時計


この2週間、たった1つのことを意識して時間管理をしていたけど、充実感が生まれてきたんですよね。




習慣化するのは継続しないと身につかないから、これからも続けてやっていきますよ。


「やってる」つもりから、自然と「できてる」になるように。


あれこれ知識を入れるだけでは、変わらない。


「まずは1つだけ決めてやってみる」。


自分自身に声掛けをしています。


「暮らしを変えたい、変わりたい」と思うのも同じことだと思うのです。


いつやるのか期限を決めること。
あれこれ一気に進められないならまずは1つだけやってみる。


それだけでも一歩前進できると私は思ってます。

振り返りから時間管理の仕組みづくりをただいま実践中です。


「時間に追われない暮らし」
こちらもどうぞ






片づけは10分でOK!
ご機嫌になれるクローゼットづくり
 

細かく、わかりやすく!
一歩ずつ確実に整理が進められるヒントや
片づけワークなど
無料メルマガでお届けしています。

メルマガプレゼント



LINEでは
「クローゼットの片づけレシピ」 
プレゼント中

LINEお友達追加

       


      

片づけサポートについてはこちら

 サービスメニュー

       

ご質問・お気軽にお問い合わせください 

お問い合せ