学校の休校期間中に自宅でやってみて意外と良かった3つのこと

20200409eye-2

  

こんにちは。 宝塚市・川西市など 阪神・北摂地域で、洋服を中心に整理収納サポートをしているライフオーガナイザー® 原田ひろみです。

     

     

\片づけの流れがわかる
衣替え動画」プレゼント中

      

     


          

コロナウィルスの影響で自宅で仕事をしたり、家で過ごす時間が増えた方も多いと思います。学校が急に休校になった3月。この1か月間で休みをどのように過ごそうか?と思ったとき、息切れしない程度に楽しくできそうなことでふだんできないことなどをやってみました。

そのうちやって良かったと思った3つを今日はご紹介します。

①過去の手帳やノートを見直す

今までの手帳と仕事ノートを振り返ってみようと仕事の合間にちょっとずつ整理しました。
残したい部分は、①スマホでスキャン→②Evernoteに保存③いらない部分は処分しました。  


時間ができたらしたいなと思っていたことに時間を使ってみましたが、面白いネタが見つかったり、振り返ることで新たな気づきがあったり…。 過去の手帳の振り返りはちょっと楽しかったです。

②パソコン内の子供の写真を整理

パソコン

これまた放置していた子供の写真(デジタルデータ)を整理しました。撮りっぱなしなっていたり、改めてみるといらない写真もありますよね。


写真はSDカードからポータブルハードディスクに保存しています。まだ保存できていないものは移動。
ホルダーごとに分けている写真のベストフォトを子供と一緒にお互い5枚ずつ選びました。

PCフォルダー整理


いらないものを選ぶのではなく、残したい写真を選ぶ。お互い視点が違うし、小4の息子と良いコミュニケーションになりましたよ。


モノの片づけや整理はやる気にならなかったけど、子供の小さい時の写真整理は、癒されながら楽しく進められました。次は、選んだ写真でフォトブックを作りたい~。もう一歩前進できたらいいなと思ってます。

③Rentioで「ヘルシオのホットクック」をレンタル

ホットクック

学校が休校になり毎日3食食事を作るのはなかなか大変💦
という訳で3月の初めに「ヘルシオのホットクック」をRentioで2週間レンタルしました。


ホットクックは材料を切ってただ入れるだけ。自動調理鍋にお任せなので、夕飯時に昼ご飯の分までたくさん作って少しでも食事作りの負担を軽減。


材料を切るだけなので子どもも巻き込んでみました。
食事作りが子供と一緒に気軽にできたし、初めての自動調理鍋に私も作るのが楽しかったです。


料理を教えるって根気がいりませんか?時間がかかると思うと結局自分でササっと作ってしまい、子供主体でさせることをあまりしてこなかったんです。だけど、ホットクックなら作業も少ないから任せてみました。「料理づくりって楽しい」とまずは感じてもらえたことがなによりの収穫でした。

ホットクックで料理をしたもの




作った料理は、回鍋肉・ポトフ・カレー・巻かないロールキャベツ・さつまいもの煮物・豚の角煮・シーフードクリームパスタ・小松菜と煮びたし・たこと里芋の煮物・筑前煮・トマトリゾットなどなど。1日2回以上使ったり、楽しくてフル回転させました。


付属のレシピから子供が作りたい料理をセレクト。自分が食べたいモノを選ぶということも満足度を上げたと思います。

ほっとクックのメニュー


フライパンの稼働率がめっちゃ少なかったです。フライパンなど洗い物も減ったし、時短効果もありました。
確実に子どもは料理作りの自信につながったと思います。

子供の料理風景
涙が出る玉ねぎ切りは水中メガネが登場…(笑えた)

こんな風に自宅でできることを見つけたり、いつかやりたいと思うことに時間を使ってみるのも悪くはないと思いました。どんなときも「楽しく過ごす」視点を忘れずにいれたらいいなぁと思ってます。

だけど、中には最前線で毎日神経を使って働く人が中にはいることも忘れてはいけませんね。
医療従事者の方にも感謝を。
すべての人が穏やかに過ごせる日が早く来ますように…

6月より対面での片づけサポートを再開します。

    

「クローゼットの片づけレシピ」 プレゼント中

LINEお友達追加

      

【お知らせ】
片づけサポートについてはこちら

       

ご質問など、お気軽にお問い合わせください。


お役に立てたなら いいね!をお願いします

ご機嫌になれるクローゼットづくり

自分で片づけができるようになりたい方へ

細かく、わかりやすく!
一歩ずつ確実に整理が進められるヒントを
片づけワークと共に無料でお届けしています。

     

メルマガプレゼント