家庭学習を楽しく乗り切るために取り入れてみたこと

w20200303eye

  

こんにちは。 宝塚市・川西市など 阪神・北摂地域で、洋服を中心に整理収納サポートをしているライフオーガナイザー® 原田ひろみです。

     

     

      

     


          

今日は急に家庭学習になったこの時期を楽しく乗り切るためにやってみたことについて

家庭学習の期間をどのように過ごす?

新型コロナの関係で、わが家も子供の小学校が今日から15日まで学校が休校に。子供に「お母さんとずっと一緒やなー」と言われました(苦笑)。


約2週間。この状況をどうするか?と思ったとき、とにかく「楽しく過ごそう!」遊びややりたいことも授業にして時間割を作ってみることを提案してみました。

生活表


家にある小4のドリルも復習でやることに取り込み、「すべて自分でスケジュールを決めてもらう」ことにしました。

生活表

 

  • 自分で生活表を書いてみる
  • 学校があるように時間割にしてみる(自分で作る)
  • 遊びもやりたいことも授業として取り込んでみる
時間割

将棋、トミカ、ゲームなども授業の一つ。意外とやる気満々でスケジュールを作ってみたところ…。かなりがんばるのねー…って時間割になってました(笑)。


できたかどうかよりも今回は自分で考えてやってみる!を優先。


親が言うより、「自分で決める」方が行動にも移しやすいし、考えるきっかけにもなるかなぁーと。口出しせずそーっと見守ることにします。

続かないならまた考えるのも経験になるし。


1時間机に座って30分休憩して遊んだり、それなりにメリハリがあるようで楽しそうにやってます。まだ1日だけど…^^


今、マイブームはスーパーのチラシをカット。

チラシを見る子供


○○産でまとめていてその数、400近く…。(笑える)

チラシのカット


凄い量だったので、スケッチブックに貼ることを提案しました。


都道府県別の生産物がわかる教科書みたいなものができてました。 
収集癖と調べ物好きには満足な1冊に。


楽しく学べたらそれでよし!


まだ貼り足りないらしく、これは「社会」の授業として引き続きやるそうです…。子どもって面白い。


紹介した時間割や生活表は「ちびむすカレンダー」さんからダウンロードしてます。


カレンダーの他に「ちびむすドリル」もあって、楽しくできるドリルなども豊富なのでよく利用しているのですが、今の状況「家庭学習何をすればいいか迷う~」って方も子供と一緒に選んで活用してみるのもおすすめです。


わが家は、幼稚園の頃から利用しているけど、これで日本地図を覚えました。


色々あるので楽しいですよ。
夏休みの課題もここからアイデアをもらったりしています。


とにかく、子どもが「それ楽しそうやん!」って気持ちになるような声掛けと提案すること。


それが結果的に、お互い平和に楽しく過ごせるに繋がるかなーって思ってます。


仕事の方も、片づけサポートは訪問先のお客様もお子さんが自宅にいるため延期になったり、色々調整は必要でしたが、なるべく自宅でできる仕事にシフト中。


今は、オンラインで講座ができたりと自宅でできることも増えてきたのでなんとか乗り切れそうです。


昼食づくりだけは憂鬱だけどね…涙



どの家庭も今回ばかりは急すぎてどうしたらいいか本当に戸惑いましたよね…。


情報は必要最低限にして、よく寝る。楽しむ。しっかり食べるで今できることを頑張りましょー!


少しでも早くこの状況が落ち着きますように。




■子供の関する記事はこちらにも


片づけは10分でOK!
ご機嫌になれるクローゼットづくり
 

細かく、わかりやすく!
一歩ずつ確実に整理が進められるヒントや
片づけワークなど
無料メルマガでお届けしています。

メルマガプレゼント



LINEでは
「クローゼットの片づけレシピ」 
プレゼント中

LINEお友達追加

       


      

片づけサポートについてはこちら

 サービスメニュー

       

ご質問・お気軽にお問い合わせください 

お問い合せ