【入学準備】学習机はいつ購入したらいいの?

20200217 子供部屋1

  

こんにちは。 宝塚市・川西市など 阪神・北摂地域で、洋服を中心に整理収納サポートをしているライフオーガナイザー® 原田ひろみです。

     

     

      

     


          


今日は、「子供部屋の学習机」について

学習机は小学4年生で購入

子供部屋学習机


小4の3学期に入る前、学習机を購入しました。


今までずっとダイニングテーブルで勉強をしていたんですが、リビング横の子供部屋(和室)に学習机を置きました。


きっかけは、テーブルに座って調べ物をしたり、ノートに書いたりする時間が増えてきたから。


本人も「自分の机がそろそろあってもいいかなぁ~」って言っていたし、カラーボックスに収めていた学用品も管理しづらくなっていたんですよね。


ちょうどいいタイミングだったので、自分の学習机を購入することにしました。


学習机を選ぶときに意識したポイントは

学習机選びのポイント


「今、困っていること解決すること」。


どんな机にしようか?の前に
「困っていることは?解決したいことは?」を確認する。
これが大前提でした。

【before】 困っていたこと

20200217 子供部屋


学用品を収めているスペースでは4つのことに困っていたんです。

  • 引き出しスペースが足りない
  • プリントの量が増えて管理がしづらい
  • 本を立てるスペースが足りない
  • 書くスペースがダイニングテーブルしかない


2学期が終了したとき、プリントはファイルから溢れていました…。

【After】解決した3つのこと

20200217 子供部屋-3
  1. 本を立てるスペースとプリント管理をしやすくする
  2. 引き出しスペースを増やす
  3. 引き出し付きデスクを置く


困っていた3つのことを解決することに。

20200217子供部屋


学習机に使ったものは
・「無印良品」のスチールラック
・「IKEA」のMICKE デスク  73×50 cm
・「IKEA」のMICKE 引き出しユニット 35×75 cm
・「ニトリ」の2段のカラーボックス

IKEAの デスクと引き出しのみ購入。


無印のスチールラックは、2階で私が仕事道具をまとめて入れていたものを利用。


2段のカラーボックスはそのまま使うことにしました。

引き出しとデスクは「IKEA」の「MICKE 」ミッケシリーズにした理由は、デスクがシンプルなこと。


さらに、サイドに置くものを棚にするのか?引き出しにするのか?選べること。
自由に組み合わせられるところがよかったです。

プリントは、ファイルボックスではいっぱいになっていたので、紙製のボックスに変更。
(ポイポイ掘りこむだけ。学期ごとに整理予定)

20200217 子供部屋-4


どこに、何を置くかは、子どもと一緒に考えて決めました。


ランドセルを置く場所は、デスク右側の棚か、左のカラーボックスの上の2カ所で迷いました。


まずは右の棚に置いてみて、面倒で戻せないようであれば、カラーボックスの上にドーンっと置いてもいいかなとどちらも試した結果、右側の棚に置くことになりました。


子供部屋にデスクを置いて1か月ちょっと過ぎましたが、 よく机に座って何かをしてます。


座ったまま、必要なものがだいたい手に取れるのが便利だそうです^^



20200217 子供部屋-2

学習机はいつ購入するのがいい?

20200217 子供部屋-4


「学習机はいつ購入するのがいいですか?」

相談を受けたり、悩んでいると聞ききますが、いつがいいかは家庭、子供によって変わってくると思ってます。


まずは、「子どもの家での過ごし方を観察すること」が大切だと私は思うのです。


日々、どんな風に過ごしているのか? 
どこで勉強したり、書き物をしているのかな?
困っていることはないか?(子どもがね)を確認すること。
そして、子供の意見も聞く。


そこで、学習机が合った方が良いと思ったタイミングで準備をする。
それでも遅くはない。というのが私の考えです。


今回は、ダイニングテーブルでよく書き物をする時間が増えたこと。
本人が希望したから学習机を準備することになった訳です。


わが家も学用品については、今まで何度も見直しを重ねてきました。


困ったことを解決していく方が、より生活に合ったものを選べてる。
そう感じてます。

■今までの「ランドセル・学用品収納」についてはこちらを


・【入学準備】ランドセルはどこに収納する?


・【入学準備】学習机なし! カラーボックス収納の3つのコツ


・学習机なしのリビング学習。毎日ラクに続けられる学用品の仕組みづくりとは?



子供部屋は成長や暮らしが変わると見直しをする。

わが家はそう思っているので、これからも見直しを重ねていくでしょう。


まだまだ低学年だと思っていた息子も春から5年生。

机に座って集中している姿を見ると成長を感じますね~^^


今日は、そんな息子の小学4年生最後の参観でした。


参観では「10年後の自分へ」の作文発表でした。


10歳と言えば、1/2成人式とも言ったりしますよね。
(早いな……)


「10歳の今の自分のこと」、「20歳になった自分へのメッセージ」を発表していました。


10年後の自分へ「大変なことがあってもあきらめるな!」と大きな声で言ってました。


将棋士になるのが夢らしいので、母ちゃんは応援したいと思います^^


子供の成長を見守りながら、私たち家族が穏やかに楽しく過ごせる住まいをこれからも大切にしていきたいです!



片づけは10分でOK!
ご機嫌になれるクローゼットづくり
 

細かく、わかりやすく!
一歩ずつ確実に整理が進められるヒントや
片づけワークなど
無料メルマガでお届けしています。

メルマガプレゼント



LINEでは
「クローゼットの片づけレシピ」 
プレゼント中

LINEお友達追加

       


      

片づけサポートについてはこちら

 サービスメニュー

       

ご質問・お気軽にお問い合わせください 

お問い合せ