片づけの仕組みづくりは家族で目指すゴールを決める

こんにちは。

宝塚市・西宮市・川西市など阪神・北摂地域を中心に、整理収納サポートをしているクローゼットオーガナイザー® 原田ひろみです。

LINEお友達追加

「クローゼットの片づけレシピ」をプレゼント中♪

LINE@は片づけのコツなど週に1~2回配信しています。

w20190917eye

こんにちは。

今は共働きも増えて毎日に忙しくて時間がない家庭も増えました。


家事の効率化で少しでも家族との時間、自分の時間、安らぐ時間を増やしたいと思っている人も多いですよね。


共働きじゃなくても子どもが小さい家庭では、つねに時間に終われてぐったりというママも……。


それぞれの家庭で求めていることって違うし、目指す仕組みづくりもさまざま。


完璧に家事や片づけをやりたいと思う人もいれば、毎日フルタイムで働いているから片づけよりもほっと休める時間が欲しいママも。


そこには限られた時間で何を優先するか?
たとえば、家族との団らん?趣味の時間?休息の時間?


暮らしで大切にしたいことは何か?どこを目指すのか?家族の中でも違うと思うのです。でも家族で考えるのであれば、コミュニケーションも大切なんですよね。


夫婦だって目指していることが違うことだってあります。


わが家は完璧な片づけは目指してません。(今は!)


でも、一時期”完璧”を目指していた頃もあったんです。


でも、そう思っていたのは私だけ。
主人はそんなこと思っていなかったんですよ。


しかも小さな子どもがいるのに勝手に自分でやらないと!ってハードルを上げてました。
そんな余裕もないのに…(泣)


私は、言わないと手伝ってくれない夫に態度でアピールしたり、「あれやって!これやって!」と言ったり。


主人からしたら「なんでそんなに頑張るんだ??」ってそのときは理解できなかったようです。


そりゃそうですよね。

不機嫌な態度と「やって!」しか言ってないし(汗)。


コミュニケーションが大切なことを知ってからは、 100点満点より無理なくできるレベルで「家族でどこを目指すのか?」わが家のルール(仕組みづくり)を決めてきました。


その一つがダイニングとワークスペースについて。


私は家で仕事をしているとき、資料を広げたいときは、ダイニングテーブルを占領することがあるんですよね。



食事になると出しっぱなしでは落ち着かないし、くつろげない。

だから、いざという時くつろげる状態にリセットしやすいしくみづくりを目指しました。



「ストレスにならない程度なら使用中の書類はデスクの上に出しっぱなしOK!」、だけど「ストレスを感じたら整理する」など見直しのタイミングを決めています。


家族と共有する空間でもあるので、「気持ちよく食事ができるようにスッキリ片づけておきたい!」と思っているのですが、仕事のやりやすさも優先したいこと。


目指すは、いつも”美しく”片づけてあることが理想ではなく、いざという時くつろげる状態にリセットしやすいしくみづくりです。

それから、寝る前にはダイニングテーブルのモノは元に戻すようにしています。


たった5分だけでも本やノート、文具類などをワークスペースに戻す。
新聞をしまう。


朝の忙しいときもダイニングテーブルが片づいていると気持ちよく朝食が並べられますからね。


たった5分の時間で、ダイニングテーブルだけは次の日の朝、気持ちよいですよ~

まぁ、ふだんはダイニングテーブルもこんな状態ですが(笑)。

しまう場所が決まっていれば、10分もあれば片づきます。


いつも100点満点目指さない片づけ 。
家族で目指すゴールを決める。


今の暮らしで優先することが片づけよりも「家族との時間」、「安らぐ時間」だったらそれに合わせたがんばりすぎないそこそこの片づけの仕組みでもいいと私は思っています。

LINEお友達追加

「クローゼットの片づけレシピ」をプレゼント中♪

LINE@はメルマガのように配信しています。
クローゼットの片づけ
時間に追われないコツ
おすすめアイテムなど
学んだり、実践して得た内容を配信しています
お友達登録ID
ID:@fth1003r

お役に立てたなら いいね!をお願いします

LINE@配信しています

LINE@はメルマガのように配信しています。

クローゼットの片づけ・時間に追われないコツ・おすすめアイテムなど

学んだり、実践して得た内容を配信しています

お友達登録ID
ID:@fth1003r

**************************

↓「読んだよ!」の代わりにポチッとしていただけたら嬉しいです。
更新の励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村