人・モノ・空間「自分たちの暮らし」を振り返って もっと暮らしやすく!

こんにちは。

宝塚市・西宮市・川西市など阪神・北摂地域を中心に、整理収納サポートをしているクローゼットオーガナイザー® 原田ひろみです。


夏休みが始まりましたねー。


今年は小学校で役員をしているので、夏休みの初日はまつりのお手伝いをからスタートでした。


若干、熱中症になりかけて動けなかったけど、ゴロゴロしていたら復活!


子どもも小学4年にもなれば、昔みたいに「どこか遊びに連れて行く」ってことも減り、勝手にお友達と一緒に出掛けていくようになったので、一人で”静かに”過ごせる時間も増えてきたなぁ~って。


子どもが小さいときは、どこへ行くのも一緒が当たり前だったし、 「ひまー」を連呼する子供をどこへ連れ出そうか計画するのも大変だったな。


「いつまで続くのか……」って思っていたけど、子供の成長と生活スタイルの変化を今はしみじみと感じてます。


さてさて、今日は「自分たちに合った暮らしのかたち」について


一度片づけて仕組みを作っても、生活スタイルが変わればうまくいかないことってありませんか?


子どもが生まれて生活スタイルが変わったとき、思うようにまわらなくなり、本気で家を見直した数年前のことをこちらで紹介しています。





内容は、ウォークインクローゼットをどのように使っているか?
だけど、ここで私が伝えたいことは、「空間」や「モノ」だけにフォーカスするのではなく、そこに住む「人」を大切にすること。


元々片づけが苦手だった私は、収納術ばかり追い求めていたんですよね。


しかも見た目優先。


だから、モノを右から左に移動して見た目を整えるだけのその場しのぎの片づけ。


でも、一瞬はよくなるんだけど、結局リバウンドをしてしまうんですよね


大切だと気づいたことは「自分たち家族がどんな風に暮らしていて、どこに不便を感じているか?」


目を向けなきゃいけなかったのは、「自分たちの暮らし」を振り返ることでした。


私は自宅の片づけや収納方法をブログなどで紹介してますが、「私たち家族の暮らし」を振り返ってたどり着いた”かたち”です。


あくまでもわが家の方法。
一つの例にしかすぎないということ。


「家族にあった暮らしやすいかたち」は、それぞれ違うし、まずはご自身の暮らしを振り返ることが大切なんですよね。



色々な収納術を本やSNSで見ると思うけど、

「自分たちの暮らしだったら?」
「それはわが家に合ってる?」



ご自身の暮らしには本当にあっているのか?という視点をもちながら、みることを私はおススメします

情報を取り入れるときも「自分はどうありたいか?」ベースを持っておかないと周りの情報に振り回されてしまうことがあるんですよね。


まずは、自身の暮らしを振り返ることから


誰かの基準ではなく、自分の基準を。

101ad3578eb9842cd47a6ae8362ce07e_s

「クローゼットの片づけレシピ」をプレゼント中♪

LINE@はメルマガのように配信しています。
クローゼットの片づけ
時間に追われないコツ
おすすめアイテムなど
学んだり、実践して得た内容を配信しています
お友達登録ID
ID:@fth1003r

LINEお友達追加



お役に立てたなら いいね!をお願いします

LINE@配信しています

LINE@はメルマガのように配信しています。

クローゼットの片づけ・時間に追われないコツ・おすすめアイテムなど

学んだり、実践して得た内容を配信しています

お友達登録ID
ID:@fth1003r

**************************

↓「読んだよ!」の代わりにポチッとしていただけたら嬉しいです。
更新の励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村