子どもの10歳の誕生日。親として一人の女性として思うこと


20190630eye

こんにちは。

宝塚市・西宮市・川西市など阪神・北摂地域を中心に、整理収納サポートをしているクローゼットオーガナイザー® 原田ひろみです。

  


先日、子どもが10歳になりました。
私も親として10歳。
ホントにあっという間でした。


振り返ってみると色々なことがありましたねー(笑)。

子どもがうまれて数か月間は、育児本とにらめっこ。

kidsphoto


子どもが寝ている間に何度も何度も読み返し、正解なんてないんだけど、不安だったり、何か答えを見つけては安心したくて必死でした。


私のことをよく知っている人はたぶん想像できると思うけど…(笑)


生まれて3か月のうちに市の保健師さんが家に訪問してくれる育児相談日があったんだけど、いろんな不安の取り除いてほしくて頼りたかったんですよね。


でも、家に来た保健師さんは「あなたの抱き方がダメなのよ。だから子供が泣くのね」などダメ出しの嵐……(泣)。


今まで自分がやってきたことを全否定されたようで一人でかなり落ちこみました…。
(初めて話したけど…)


いつも、息切れしそうで一生懸命だったことを今では笑って話せるようになったけど、あの時は本当に余裕がなかったな…。

kidsphoto


「親だからちゃんとしなきゃいけない」
「見本にならないといけない」
と自分を追い込んでしまうほど融通がきかないまじめな性格のゆえ、苦しんでました(笑)。



でも、親として10年間いろんな経験をしながら、親だってできないこともあるし、間違うこともある。
余裕がなくて思ってもないことを口走ってしまうこともある(反省…)。


今は自分が勝手に作った子育ての完璧を追い求めないようになってずいぶん楽になりました。
私は親だけど一人の人間。

kidsphoto




苦手なことは子供に頼ったり、「助けて~」「手伝って~」と素直に言える関係性を築きたいと思っているんですよね。


最近は、よく子どもに助けてもらってます。
私がうっかり忘れてしまうところは、すかさずフォローしてもらってる…ありがたい(笑)。



いろんな意見があると思うけど、子供とはいろんなことがある人生を一緒に経験したり、相談相手になったり、親友のような?親子でありたいと私は思ってます。



まぁ、男の子だからそのうち離れていくだろうし、反抗期もくると思うけど。
そんな思いで子どもと暮らしていきたな…。

kidsphoto




ただ、現実は「お母さんは怒ったら怖い…」と夫よりも私には気を遣っている感じなので理想にはほど遠いんですけどね(笑)。
それでも、想いを持って生きていきたいな。



上手くいかないもどかしさも子育てをしている今しか味わえないことだと思うし、私も成長させてもらってる。



変わりゆく環境、子供との関係性もやっぱり「自分はどうありたいか」を大切にしたいし、悩みながらも前を向いてすすんでいきたいと思ってます。
親として、一人の女性として。

kidsphoto




今日は、10歳の子供の誕生日を振り返っての「つぶやきブログ」になりましたが…(笑)
備忘録として書き記しておこうと思います。



明日から7月、あっという間に夏休みがやってくる!


子どもと過ごす長~~い夏休みを前に私も駆け抜けていきたいと思います。

そして、子供との時間も大切にしたいけど、自分の時間も大切に過ごしていきたいな!


今日はつぶやきブログに最後までお付き合いくださりありがとうございます^^

ハート

お役に立てたなら いいね!をお願いします

LINE@配信しています

LINE@はメルマガのように配信しています。

クローゼットの片づけ・時間に追われないコツ・おすすめアイテムなど

学んだり、実践して得た内容を配信しています

お友達登録ID
ID:@fth1003r

**************************

↓「読んだよ!」の代わりにポチッとしていただけたら嬉しいです。
更新の励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村