ハンガー選び1つでもクローゼットの使い勝手は変わる

eye

  

こんにちは。 宝塚市・川西市など 阪神・北摂地域で、洋服を中心に整理収納サポートをしているライフオーガナイザー® 原田ひろみです。

     

     

      

     


          


今日は、クローゼットで使うハンガーの話。
ハンガーの種類ってたくさんあるし、どれを選べば使いやすいのか…悩みますよね。


同じハンガーを使った方が、クローゼットが整って見えるのでおススメ!

とは言うけれど、自分にとって使いやすいものを選んでいるかどうかで使い勝手も変わってきます。
私の失敗談と共にご紹介しますね。

ハンガーを整えるメリットは?


ハンガーを整えることのメリットは3つ

  • 肩の位置が揃うので服が見渡せて選びやすい
  • クローゼットを開けると見た目もスッキリととのって見える
  • 洋服に合わせたハンガー選びで型崩れしない


ハンガーがバラバラだと奥に埋もれたり、かさばったり、探しづらくなることも…。

ハンガーバラバラの場合

  

ハンガータイプの使い勝手を比べてみる

「家にハンガーが一本もない…」って方は、おそらくいないと思いますが、なんとなく家にあるものを使っている…という方は多いかもしれませんね。

自宅で使っているもので、どのタイプが使いやすいか
さらに、どのタイプが使いにくいと感じるのか?

使っていて気づくことありませんか?


ハンガーを選ぶときは、ご自身の”使いやすい”と”使いにくい”を実際に使って確認することがやっぱり大事! 

自分にとって使い勝手のいいものが分からないままハンガーを揃えると、こんなことになることも…。

使い勝手を考えずにハンガーを揃えると…

クローゼットの片づけに頑張っていた数年前は、クリーニング店から帰ってきた衣類のハンガーを使ったり、スーツを購入したときにもらったハンガーを使っていてバラバラでした。

洋服はハンガーからずれ落ちるし、型崩れをすることも……。

とある雑誌で「 起毛素材のハンガーはずれ落ちないからおすすめ!」 と見た私は、すぐさまネットで起毛素材のハンガーをまとめ買い!

実際に使ったこともないのに、100本まとめて購入しちゃったのです…苦笑

起毛素材のハンガー


見た目は揃うし、クローゼットが整った気がして最初は気分が上がったのですが……。

滑らないハンガーは引っかかるから使いにくい…(チーン)



ハンガーからずれ落ちる衣類には、起毛素材のハンガーは良かったけど、シャツ類は取りづらいし、掛けづらい。

すべらないハンガー


ハンガーに掛けたまま洋服をスルッと滑らしながら片手で取りたい私には、滑らないハンガーは引っ掛かることが面倒!

使ってみて初めて気づきました(苦笑)。


「使っていたら慣れるかも…」と何度かトライはしてみたけど、やっぱりシャツ類には駄目でした…。


自分にとって使いやすいを考えず、見た目や統一することを優先して大量購入してしまったハンガー。

いきなり収納グッズから用意してうまくいかなかったほろ苦い思い出です。

結局、大量に余ったハンガーは、1/3ほど実家に引き取ってもらったという…苦笑。

使い勝手と衣類に合わせてハンガーを使い分ける

無駄買いをした痛~い経験を経て、今では使い勝手と衣類に合わせてハンガーを使い分けています。

使っているハンガーは3タイプ。

①木製ハンガー

木製ハンガー

ジャケット・コートは、型崩れしないように木製ハンガーを。
引っ掛からずスルッととれるので私にとって使いやすい。

②起毛素材のハンガー

起毛素材のハンガー

スルッと取れないけど、ずり落ちると困るカーディガンやは織物、セーター類は、(大量買いした)起毛素材のハンガーを。
(スルッとは取れないけど、ずり落ちるのはもっと嫌だから機能優先)

③ プラスチック製ハンガー(クリーニングのもの)

プラスチック製ハンガー

ブラウスシャツやTシャツは、ハンガーに掛けたままスルッと取り出したいので、プラスチック製のハンガーを。

欲を言えば、色を揃えて黒より白が良いけど、わざわざお金を出して総入れ替えするほどではないので今はクリーニングのハンガーを使ってます。

ハンガーを選ぶときは、誰かの使いやすいものではなく

ご自身の”使いやすい”と”使いにくい”を実際に使って確認することがやっぱり大事! 

今ではいろんなハンガーがあるので、迷いますが、やっぱり「合う・合わない」はあります。

サイズも男性用・女性用・子供用では変わるし、気にせず使っていたら変な場所にハンガーの型がついてしまうことも。

ハンガー選び一つでクローゼットの使い勝手は変わりますよ。

クローゼットの写真



その他のハンガー

使いにくいと感じているのであれば、ぜひご自身に合ったハンガー選びを!

ハンガーの種類もたくさんありますが、一部だけご紹介。

(別にハンガーで困ったことがない方は、わざわざ変える必要はないですよ)

① 「MAWA」の「エコノミック40 」

セーターもずれ落ちないし、型崩れもしにくいタイプ。濡れた洗濯物も干せるハンガー

②「MAWA」の「シルエット 36」

同じくマワのノンスリップハンガー

③「無印良品」の 「アルミ洗濯用ハンガー 」

洗濯用にも使えて、細いのでクローゼットでも省スペースに使えるハンガー

④「IKEA」の「 BUMERANG ブメラング

木製のハンガー。スーツなど型崩れが気になるものに。
ただし、幅は43cmと大きめ。

⑤「ニトリ」の「 すべりにくい省スペースハンガー イーハン レディーズサイズ 」

あくまでも参考ですが、まずは「使い勝手を確認してから」選ぶようにしてくださいね

ご参考まで。


片づけは10分でOK!
ご機嫌になれるクローゼットづくり
 

細かく、わかりやすく!
一歩ずつ確実に整理が進められるヒントや
片づけワークなど
無料メルマガでお届けしています。

メルマガプレゼント



LINEでは
「クローゼットの片づけレシピ」 
プレゼント中

LINEお友達追加

       


      

片づけサポートについてはこちら

 サービスメニュー

       

ご質問・お気軽にお問い合わせください 

お問い合せ