【入学準備】ランドセルはどこに収納する?

こんにちは。

宝塚市・西宮市・川西市など阪神・北摂地域を中心に、クローゼットの整理収納サポートをしているクローゼットオーガナイザー® 原田ひろみです。

 

いよいよ卒園・卒業シーズンですね。4月から小学校への入学を控えているご家庭は学習机の購入、ランドセルや学用品の収納についてご検討されている方も多いのではないでしょうか?

 

 

ライターとして記事を書いている日本ライフオーガナイザー協会のwebマガジン「片づけ収納ドットコム」でランドセル収納9家族の実例をご紹介しています。

 

片づけのプロ9家族のランドセル収納├片づけ収納ドットコム

 

片づけのプロ9家族の実例から判明!ランドセル収納は「置く」派が主流?!

 

 

この中でわが家の実例も1つの例としてご紹介しています。

 

こちらが実際に小学1年生のときに3段のカラーボックスを使ってつくったランドセル収納です。

 

 

また、1年間で必要だった学用品の量なども別記事でご紹介しています。

 

経験してみて、子どもが学校に通いだしてからわかったことも多かったです。

 

成長とともに見直しを

今年の4月から息子は小学4年生になります。

小学一年生に比べて教科書などの学用品も増えました。

今のランドセル収納はこんな感じです。

 

変わったことは2つ

  • カラーボックス(2段)を1つ追加
  • 増える作品を収めるボックスを追加

 

作品展の作品を置いておきたいと言うので、写真左側に移っているボックスにおさめることにしました。

一応このボックス宝箱になっているんです。

(実は宝箱型のボックスはグリコの懸賞であたったもの。このボックスの中にお菓子が山盛りはいっていたものを再利用してます)

中には飾り切れない作品たちが…

本人の希望で残したもの。

 

このように成長とともに収納スペースはやはり見直しが必要です。

その時に困っていることを解決するためにどうするか?

いつもその繰り返しです。

 

宿題をする仕組みは変化した?

 

ふだん宿題や勉強をするときのためにどんな仕組みづくりをしているのか?についてもご紹介しているのですが、今でもこのスタイルは変わりません。

本人に「勉強机や自分の部屋が欲しい?」と聞いてみましたが、いらないそうです。

その日の気分によって勉強する場所を変えたいとも思わないらしく、毎日、ダイニングテーブルに座って宿題をしてます。

家族がいるこの部屋が本人には落ち着くそうです。

学習机なしのリビング学習。毎日ラクに続けられる学用品の仕組みづくりとは?

 

この先、成長していくにつれて個室が欲しいというかもしれません。

そのときは、また親子でどんな風な部屋にしようか?

要望や困っていることを聞きながら見直していく予定です。

 

「どのようにランドセルを収納すればいいか」がやはり気になりますよね。

学校生活が始まる前に仕組みづくりをしたいと思う方も多いとは思います。

けれども、学校に通いだしてわかることもたくさんあります。

「いつもどこで勉強しているか?」

「ランドセルをいつもどこに置いているか?」

などお子さんの行動を観察してみることで見えてくることも多いです。

兄弟で得意なこと、不得意なことも違います。

「戻すとき無理なくできるのはどんな方法か?」も意識してみてくださいね。

 

 

 

 

お役に立てたなら いいね!をお願いします

\LINE@からのお申込みも可能です/

ラインに登録いただいた方へ
セミナーなど情報配信してます。

サービスのお申し込み可能です。

お友達登録ID
ID:@fth1003r

**************************

↓「読んだよ!」の代わりにポチッとしていただけたら嬉しいです。
更新の励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村