いつも出しっぱなし!なダイニング脇のワークスペースを5分でリセットするしくみ

こんにちは。

宝塚市・西宮市・川西市など阪神・北摂地域を中心に、クローゼットの整理収納サポートをしているクローゼットオーガナイザー® 原田ひろみです。

 

「片づけのプロだからいつもピシッと片づいているんでしょう?」と聞かれますが、そんなことはありませんよ。

今日は「いつも100点満点を目指さない片づけ」 ふだんは出しっぱなし状態のワークスペースについて

 

5分でリセットするしくみ

 

いつもは出しっぱなしのワークスペース

自宅で仕事をされたり、持ち帰って仕事をされる方などは、資料を置く場所やデスクをお持ちではないでしょうか?

 

かくいう私もダイニングの一角にワークスペースを作っています。

 

場所も書斎みたいなところがあればいいですが、今の私の生活ではダイニングエリアにあるのがベストです。(2階にあっても効率が悪い)

 

仕事の合間に料理をしたり、家事をすることもあるので出しっぱなしのことが多いんですよね。

 

 

でも、ダイニングは来客時に座ってもらう場所だし、家族で食事をしてくつろぐ場所でもあるので、いざとなったらすぐに片づくようにしておきたい。

 

そんな5分もあれば片づくしくみをこちらで紹介しています。

 

 

いつも”美しく”片づけてあることが理想ではなく、仕事がしやすい、いざという時くつろげる状態にリセットしやすいしくみづくりが理想。

 

今だって、4月からの学校の役員(しかも代表くじに当たるという…)の引継ぎ資料や確定申告の書類などやることが多い状態でいい感じに出しっぱなしです。

 

 

朝起きた時の写真。昨日からこのまま。まだましな方かな。もっと出しているときもあります。

(ぜーったい忘れたらいけないことはライトのスイッチに付箋貼ってるし、タスクボードもマックス…汗)

実際はこんなもんです。


きれいなことに越したことはないけど、わが家は不便な美しさは求めていません。

 

 

出しっぱなしの方が効率がいい。

でも、ちょっと見えにくい場所に資料を置く場所を作ってみたり、棚が机の下にすっぽり収まるなどちょっとした工夫はしています。

リセットできる仕組みがあるというのは大きいです。

 

“使い勝手と心地よさ”のバランスを大切にしながら見直しを重ね、出しっぱなしのものを「しまう・隠せる」場所をつくることで、ワークスペースが整い、がんばらなくてもお客様を無理なくお迎えすることができるようになりました。

 

「いつも100点満点を目指さない片づけ」

参考になればうれしいです。

 

クローゼットの整理収納法&お茶会 3月5日(火)開催

洋服が欲しいんだけど、まずはクローゼットを何とかしなきゃ…とお悩みの方にご自身のお悩みを吐き出してもらい、解決策を一緒に考えるお茶会を開催することになりました。

 

学べる!悩みを話せる! 「クローゼットの整理収納法&お茶会」を開催します。

クローゼットの整理収納法とワーク形式でクローゼットのお悩みについてお伺いしながら解決法を見つけていきます

 

学べる!悩みを話せる! クローゼットの整理収納法&お茶会【3月5日開催】

 

ivent 2019035

 

クローゼットの整理収納法&お茶会 申し込み

 

 

 

\LINE@からのお申込みも可能です/

ラインに登録いただいた方へ
セミナーなど情報配信してます。

サービスのお申し込み可能です。

お友達登録ID
ID:@fth1003r